エステ?自分で?ムダ毛対策処理どうしてますか?

意外と知らない!?永久脱毛の仕組みとは

 

永久脱毛って費用もかかるし、時間もかかるし、失敗もあるんでしょ?
なんて声をよく聞きますが、皆さんは永久脱毛の正しい仕組みについてご存知でしょうか。

 

ほとんどの方は、毛が生涯生えてこない=永久脱毛というように考えていますが、
これにはきちんとした根拠があります。

 

では、この根拠についてご紹介しましょう。

 

まず、毛には「毛幹」と言われている私たちが日頃見ているムダ毛の部分と、
目には見えない「毛根」という部分があります。

 

この毛根には、毛母細胞と言われている毛の成長を促している箇所と
毛母細胞に栄養を送り続けている「毛乳頭」があるのです。

 

永久脱毛は、この2つをレーザーなどの強い威力を当てて破壊することで
毛の成長をさせない仕組みとなっています。

 

しかし、私たちが見えている「毛幹」の部分は、毛全体の3割程度に過ぎません。

 

一度で永久脱毛できるのは、この成長期の毛だけとなっています。

 

毛根にある全ての毛が成長期になる時を見計らって施術を受けないといけないために、
永久脱毛は時間やコストがかかるのです。

 

そして、きちんと毛母細胞と毛乳頭を破棄できていないと、
毛は再生してしまうので、また生えてきてしまったというような
トラブルが起きるケースがあります。

 

簡単なようで奥深いのが毛の仕組み。

 

毛の仕組みをきちんと理解した上で、永久脱毛に挑むと、
様々な疑問を持つことなく施術が受けられるので、是非仕組みを覚えておいてくださいね。